セブンイレブン直営店で社員(教え子)が倒れる

昨日は、ビジネス専門実習をサポートしてくれる4年生と作戦会議、と思っていたのですが、飛び入りで卒業生が参加しての飲み会でした。

社会人3年生が一人、今年の春卒業した、社会人1年生が二人です。

社会人3年生ともなると、名前は知っていても互いに面識がない、ということで、当然のことながら自己紹介が始まります。

私の隣に座った社会人1年生女子の番になり、私が横から「彼女はセブンイレブン」と口を出したら、「先生、もう辞めました」と言うではないですか!


彼女は、学生時代にはローソンでバイトを続け、コンビニが好きでセブンイレブンに入社しました。
新人研修を都内で受け、辞令が出たのが6月下旬。
大学近くの直営店勤務が決まったのでした。

その後、特に連絡もなかったので、無事に勤務しているのだろう、と思っていましたが、水戸の直営店で、彼女は信じられないような勤務を強いられていたのでした。


  • 朝は1時間前、夜は仕事が終わるまで、の超のつく長時間勤務。12時を過ぎることもしばしば。
  • もちろん、残業代は規定しかつけてはならず、ほとんどサービス残業。
  • 商品が売れ残ることを極端に嫌うため、従業員総出で夜11時になると弁当などを購入。
  • おでんキャンペーンでは、店長は800個(56,000円!!)、社員は200個の購入が義務付けられ、各自持って帰り、結局食べきれないので廃棄。
  • 日報では、各自が商品が売れ残った理由を欠かされ(ビッグデータ持ってるんじゃ?そっちを分析したほうが良いのでは?)、社員は店舗には出ず、店頭はバイトのみで対応。
  • おまけに、報告に使えるPCが1台しかなく、4人もいるとなかなか使えないため、せっかくの休日も返上して出勤(iPadくらい配れば・・・)。

等々。

結局彼女は、辞令を受けてから1日も休めず、長時間労働のすえに、店舗でぶっ倒れたのでした。
救急車で運ばれ、即入院。検査も受けたそうです。

彼女は東京の前上司に相談し、1か月程度休暇を取ったらどうか、というアドバイスもいただいたそうですが、水戸のマネージャーが電話してきて、退院翌日の朝から定常業務につくように、と言ったそうです。
本人は、当然のことながら、休暇の相談ができると思っていたのですが・・・・。


そして、辞職。
辞めてからはとにかく眠り込んだそうです。



私は、彼女の話を聞いて、本当に驚きました。

そして、労基署に相談したほうが良い、と真っ先にアドバイスしました。
また、もしかすると本社の人事は実態を知らないはずだから、人事に連絡を取ってみたらどうか、とも。


なぜなら、入社して間もないのに退職したのでは、次を探すにも「何かあったんじゃ、人間的に問題でも?」と危惧されるからです。

退職理由を公的にするためにも、労基署に相談したほうが良いと考えました。


しかも彼女の場合、短期間で、うつ病の症状が出ていました。

彼女いわく「全然寝てないのに、眠くないんだよ。店にいると、できます、やります、って言っちゃうんだよね」。

店舗で倒れたのはまだ幸いで、通勤途上で倒れたり、もしかすると過労死さえ、あったかもしれません。



私は、セブンイレブンとは浅からぬ縁があります。

学生時代に、セブンイレブンがスポンサードする電話サービスのバイトをし、毎月セブンイレブンと関連企業のリーダーの方々に、今何が話題か、何が流行っているのか、といったことをまとめたプレゼンを行っていました。

だから、どこよりもセブンイレブンが好きですし、信頼していました。


しかし、教え子の過酷な労働、そして給料をすべて吸い上げるかのような強制買取の事実を知り、大変驚き、そして、これは絶対に書かねばならないと思いました。

これ以上、ひとりも、彼女と同じような過酷な労働を強いられる教え子がないように。