あなたにも「イスラム国」からのお誘いがあるかも

「イスラム国」と名乗る過激な集団のメンバーから、あなたにも、仲間になるようにとコンタクトがあるかもしれません。

日本からも北大生が渡航しようとしたとしてニュースになっていますが、先々週(だったと思う)、フランスのニュース番組でも、ヨーロッパの若者が「イスラム国」に参加するために渡航している事例が増えている、という内容の報道がありました。

番組では、18歳の女性の事例を取り上げていました。

高校時代に、アラブ系男子がフランスの学校に転校してきて、そこで親しい関係になりました。お友達以上、という感じですね。

その後、その男子学生は学校を辞め、母国に帰ったのですが、その後も、日本でいうならLINEでやり取りしていて、その内容が、どんどん過激化するというのです。

男子から「イスラム教では、他の男に髪や肌を見せてはならないから隠せ、見せるな」と言われると、女子のほうは黒い布で体を隠すようになったり、「親や兄弟でも、キスやハグはしていけない」という強制を受けたりするようです。

この番組では、母親が登場して、娘が徐々にイスラム的になっていったことを細かに説明していましたが、もう一つ、勧誘に際して大きな特徴があるようです。

それは、「イスラム国」サイドが作った動画を見るように、とURLが、個人的なメールやメッセージとして送られてくることです。

悲惨な現実を、イスラム的に解釈した動画ですから、大人でそれなりの分別があれば、見ただけで感化されることはないと思います。

が、自立していない若者にとってそれは衝撃的な映像でしょう。
自らの将来に不安を抱え、周囲の大人に反感を持っている若者にとっては、今いる世界は間違っている、と思うかもしれません。


悪く言えば、「イスラム国」は、先進国の若者を洗脳し、そして自らの陣営に呼び寄せようとしているのです。

先進国の若者向けに、ネットを使って、しかも個人的な関係を利用して、「イスラム国」はキャンペーンを張っているようなものかもしれません。

皆さんのもとにも、動画のURLが送られてくるかもしれませんよ。