【竜田一人】 「いちえふ」第2巻




いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(2)」読了。

第2巻では、多重(作者によると7重くらい)下請け構造の複雑な人間関係のなか、なんとか高線量域で作業できるように転職活動を始めた作者と、その仲間たちの生活を描いています。

その情報のやり取りが、作者も描いていますが、麻薬取引ばりで、笑えます。

実際、この第2巻は、読んでいて至る所で笑ってしまう、そんな内容です。
作業員の生活には、ほのぼのとした印象を受けるのです。


いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(2) (モーニング KC)

竜田 一人 講談社 2015-02-23
売り上げランキング : 2531
by ヨメレバ




高線量域での作業は、被ばく量によってすぐに仕事を継続できなくなるため、作者は、その期間を使って、連載を執筆したり、取材を受けたり、または被災したエリアを旅したりします。

その中で、特に描きたかったのは、先入観を持って取材する人々への憤懣、そして少しずつではありますが、瓦礫が片付き、道路が開通し、復興していく被災地の姿だったのだと感じました。

取材者に関しては、私も取材する立場になることがあるので、耳が痛いな、と反省しました。

一方の復興に関しては、今年1月に南相馬に行ってきた体験と重なる部分が多くありました。

なかでも、一度行ってみたいな、と思ったのは平駅前にあるというライブレストランバー「QUEEN」です。震災以降、いわき周辺に足を踏み入れていませんが、なにやら楽しそうな感じです。
もしかすると、歌う竜田氏に遭遇するかもしれませんから。



いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(2) (モーニング KC)

竜田 一人 講談社 2015-02-23
売り上げランキング : 147
by ヨメレバ