牛タンのしゃぶしゃぶが新感覚の「小滝野」

白金高輪駅の近くに、3年前にオープンした「小滝野」。

http://kotakino.wpblog.jp/

外観が和風なので、私は勝手に板前割烹の店かと思っておりました。

最近、メニューでも確かめておくか、と思い、ちょっと見てみると、そこには「タンしゃぶ」とか「モツ鍋」の文字が!

「えっ、肉屋さんなの?」

驚きました。
外観とのあまりのギャップに。

そして、予約しないと入れないお店でした。


オーナーは30代の佐藤さん。彼は厨房、弟さんがホールを担当しています。

聞くところによると、もともと飲食店で修業していた佐藤さんは、ふらりと博多に行ったおり、牛タンのしゃぶしゃぶに出会い、その店で修行したのだそうです。
衝撃的だったみたいです。

佐藤(兄)さん

もともと関東の方だった佐藤さんは、東京に戻って「小滝野」をオープンさせます。
ですが、九州の牛肉を使っています。しかも空輸、生です。

タンしゃぶのタンは、結構な厚みがあるのですが、これは生ゆえです。

そして5秒以内のしゃぶしゃぶでいただきます。
私は3秒くらいでいただくのが良いな、と思いました。なんとも言えない歯ごたえに感動します。初めての食感でした。

そもそも牛タンは脂分が多い部位なので、しゃぶしゃぶという食べ方は理にかなっていると思います。

しゃぶしゃぶした後は五島うどんをいただきました。
まぼろしのうどんと言われるだけあります。

コースでいただいたのですが、連れの方がたいそう気に入りまして、「他に食べさせたいメニューはないか?」というので、コースにはありませんでしたが、牛テールの煮込みをグリルしたものを追加でいただきました。
これもすごくおいしい!

バラのように盛り付けられた生の牛タン

食事が終わると、さっそく2か月後に予約を入れました。
(私は3か月に1回くらいで良いと思ったんですけどね、どうしてもと、一緒に行った方がいうので・・・)

とにかく、肉好きの方はぜひ一度行ってみてください。
牛タンと新しい出会いができます。