冬の寒さ対策ランキングに見る今年の寒さ

「[ピザーラP-CHANCE] 吹き出しセリフ「かるがも親子?!」&冬の寒さ対策結果発表」というタイトルのメルマガが届きました。
ピザーラに会員登録すると届くみたいですね。

気になったのは、タイトルにもある「冬の寒さ対策結果発表」という部分。
早速Webも見に行きました。


 
1位: 保温、発熱効果のあるあったかインナーを着用

これは主にヒートテック着用、ということですね。
私もほぼ毎日着用してました。極暖も購入したし、ブログにも書いたし。


2位: 暖房器具で部屋を暖かくする(温風器、エアコン、電気カーペット、こたつなど)

これなしではいられませんでしたね、今年の冬は。
寝るときは、電気であったかい敷シーツを使ってました。そして、まだ使ってます。


3位: お風呂で身体の芯から温まる

やったほうがだんぜん良いのが入浴です。それも温浴効果の高い入浴剤を使用します。
いつもは12個入りで500円くらいの入浴剤を使っていますが、この冬はワンランクアップの高級品「FINE HEAT(ファインヒート)」を使わないとあったまりません!


4位: 腹巻きや靴下で冷えを防ぐ

外出時にヒートテックのオーバーパンツを使用することはありました。
靴下とか腹巻で解消できる冷えレベルではなかった・・・。


5位: ホットドリンクで体を温める(生姜湯、ホットレモン、ココア、お酒など)

在宅時は、温かいお茶は必須ですね。
お酒は、逆に体温を奪われるので、本当は効果がないらしいです。


6位: スパイシーな食べ物で体の中からホットに(カレー、キムチ鍋、麻婆豆腐など)

夕食どうしようかな~、寒いな~、という時は鍋です。
昨日の晩も冷えたので、冷蔵庫にあるお魚総動員で海鮮鍋にしました。
辛いものもよく食べます。麻婆豆腐は得意料理のひとつ、目標は赤坂四川飯店の名物麻婆豆腐です!


7位: 体を動かす(ウォーキング、ランニング、ジムなど)

体温を上げて、基礎代謝量を増やすには運動です。
私は、散歩と社交ダンスです。
特にダンスは、とにかく汗をかきます。毛細血管の隅々まで血液が回ります。
が、しかし、汗を引くにつれて体温もどんどん奪われます。
私の場合、体温調節機能が弱いのか、ちょっとばかし狂いがちなので、計測不能領域にまで体温が下がる場合があります。よって、ダンスの後はお風呂に入ります。


8位: 外に出るのを控える

正しいです。
実際、福島の実家にいた時期は、買物以外は一歩も外に出ませんでした。あまりの寒さに散歩する気もおきません。
買物も、車で移動です。


9位: 外に出る時には使い捨てカイロを常備

これは常識です。
家になかでも、寒さセンサーのある首筋周辺や、腰回りにはカイロを張って過ごします。
カイロのない冬は考えられません。



4人に一人がヒートテック着用だなんて、ユニクロのマーケティングにかなり影響されているんですね。