【竜田一人】 「いちえふ」第1巻




いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1)」読了。

先日、作者の竜田一人さんのインタビューを読んで購入しました。

震災による津波により瓦解した原発の現場で働く作業員の物語、というか、ドキュメンタリーです。
作業員は作者自身。


いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1) (モーニング KC)

竜田 一人 講談社 2014-04-23
売り上げランキング : 2101
by ヨメレバ



第零話が、連載のきっかけとなった投稿作品のようです。零話は、作者がすでに高線量域で仕事をしており、全体のフレームを説明してくれています。

第3話以降、時系列的に作者が「いちえふ」に到達するまでのいきさつが描き表されています。


ご存知のない方のために書いておくと、「いちえふ」とは「1F」、つまり福島第一原発の略称のこと。
現場ならではの略称と言えます。

第1巻は、この作品をよく知るための序章の位置づけだと思いました。

また、先入観は禁物です。

どんな職場にも問題はあります。
それは人間関係であったり、構造的な問題であったり、または規制などの法律の問題であったりします。

その職場が、事故後の原発である、という特殊というか稀な職場である、というだけ、と思って読んだ方が楽しめます。

実際、元気なおじさんが多数登場していて、ガテン系職場をモデルにしたコミックなのです。

私のように、まだ読んでいない福島県民に、まずは手に取って欲しい作品です。読めば、いろいろと考えが変わるかもしれません。