【高里椎奈】 「うちの執事が言うことには(3)」

うちの執事が言うことには (3) 」をずっと前に読了。

なんとなく、書きそびれてました。

1巻で登場人物を紹介し、第2巻では、ぎくしゃくした主人と執事の関係が、事件を通じて深め合っているのか、それともやっぱりギクシャクなのか?という感じで進んでいました。


この3巻では、若き執事の衣更月(きさらぎ)と家令の鳳、当主・花頴(かえい)が、それぞれの役割を果たす、ということを描きたかったのかしら?と思います。

それにしても、3巻まできているにもかかわらず、花頴が帰国してから数か月くらいの話なんですね。

そして、3巻まで読んで感じたことは、4巻は読まなくていいや、ということでした。

というのも、3巻までで、なんとなくパターンが見えてしまったというか、1巻、2巻のまとめが3巻みたいになって、こじんまりとまとまっている印象なのです。

4巻は、新たなスタートなのかもしれませんが、展開は一緒なのでは?と、ついつい勘ぐってしまっております。


うちの執事が言うことには (4) (角川文庫)

高里 椎奈 KADOKAWA/角川書店 2015-03-25
売り上げランキング : 8858
by ヨメレバ


天皇家の執事―侍従長の十年半 (文春文庫)

渡邉 允 文藝春秋 2011-12-06
売り上げランキング : 12171
by ヨメレバ
図説 英国執事 貴族をささえる執事の素顔 (ふくろうの本/世界の文化)

村上 リコ 河出書房新社 2012-06-20
売り上げランキング : 41216
by ヨメレバ