今日は金運アップの一粒万倍日

最近知ったのですが、「一粒万倍日(いちりゅうまんばいにち)」という金運アップの幸運日があるんですね。

以前、品川神社で、一粒万倍の泉というのを見つけたことがあり、一粒がたくさんになる金運の良くなる霊泉、と書いてありました。



最近気になっていたのは、今年使っている九星気学のカレンダーに、「一粒万倍日」がときおり赤字で出てくるからでした。
ちなみにウィキペディアでは、
一粒万倍日(いちりゅうまんばいび、いちりゅうまんばいにち)は、選日の1つである。単に万倍とも言う。
「一粒万倍」とは、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味である。一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされる。但し、借金をしたり人から物を借りたりすることは苦労の種が万倍になるので凶とされる。
一粒万倍日は数が多いことから、他の暦注と重なる場合がある。その場合、吉日と重なったら一粒万倍日の効果が倍増し、凶日と重なったら半減するという。
一粒万倍日は宣明暦時代には記載されていたが、地方暦によっては記載されていないものもあった。貞享暦以降は暦注から外されたが、新暦が普及してから民間暦に掲載されるようになった。
とあります。

何かを始めたり、出資、投資などを行うと良い日のようです。
しかも、1年のなかで、この一粒万倍日は数が多い。

今月は、3日、6日、9日、18日、21日、30日が一粒万倍日です。

ただし、他の日取りとのバランスがあるらしく、仏滅などと重なると効果が半減するんだそうで・・・。

18日は、「大黒天の日」と重なる良い日のようですよ。
大黒天は、商売繁盛や子宝、開運招福などの福録倍増の神様とされ、金運良好、資産増加や
台所の神様として、食べ物に困らないというご利益があるそうです。

21日は大安と重なるので、これもまた良い日です。

金運アップの幸運日なので、お財布を新調したり、宝くじを買うと良いそうです。