K-POPアイドルはチラシ配りもプロ級!

昨日は休日だったので、新大久保SHOWBOXでライブをやっている「A.Run (アラン)」のプロモーションのお手伝いに行ってきました。


11時に現地集合すると、A.Run 本人とバックダンサーのふたり、これにファン数名とスタッフが一緒になって、SHOWBOXから、通称イケメン通りを通って、JR新大久保駅まで、チラシを配りながら歩きます。

日本で再デビューとはいえ、韓国STVの音楽番組にもG.IAMとして出演していた A.Run 本人が先頭をきってライブのチラシを配ります。
続いてバックダンサーのふたりが前後して、通りを歩く女子をターゲットに配りまくります。

後ろから彼らの動きを見ていて、最初に驚いたのは、チラシ配りの巧みさです。
まさにプロ級。
慣れているというか、営業としてやるべきことをやっている、という意識が徹底しています。


日本語がまだ上手ではない A.Run は、突然の韓国語で女子グループの足を止めてチラシを配布、バックダンサーチームも、手際よくさばいていきます。

おもしろいな、と感じたのは、チラシに目がいっている人たちは、すぐそばに本人が立っていても、案外気づかない、ということです。

私が「A.Run はここです」と声をかけると、振り返って「きゃー」という感じで、視界から少しでもそれていると見えないものなのだ、と再確認しました。

また、いったんチラシを手にした人の多くが、しっかりと内容を読んでいたことも意外でした。

普段は、チラシをもらってもちらっとしか見ない私にとって、とっても新鮮な反応です。
新大久保にやってくる人たちにとって、SHOWBOXでのK-POPアイドルのライブは、親しみのあるものなんですね。

店舗を経営する方やスタッフの方も、同じ韓国人同士、ということなのか、みな温かい声をかけてくれます。チラシを置いてくれる店もあり、がんばる同胞を応援してくれます。

日本人でも、海外でがんばる日本人同士がんばりましょう、という感じなので、こういうことにお国柄は関係ないと思いますが。

新大久保は全体にフレンドリーなので、普段はショップの方とおしゃべりなんてしない私も、自然とおしゃべりが長くなります。
これも土地の持つ力なんでしょうか、なんとなく楽しくなります。


そして、K-POPアイドルってすごいわ、と感じたエピソードも。

チラシ配りは、込み合った道を歩きながらなので、当然のことながら、ぶつかる危険もあります。
180オーバーのA.Runは、スタッフのひとりがわき見をしていてぶつかりそうになったとき、さりげなくカバーしてました。

背が高いので視界も広いのだとは思いますが、なかなかできることじゃないな、と感じました。

二つ目は、誠実でまじめなライブパフォーマンス、です。

残念なことに、昨日の2回のライブは、あまり人が入っておりませんでした。
それでも全力投球、手抜きは一切なしです。

むしろダンスは、25日の無料ライブより良かったぐらいです。

こういうことを間近で何度も目にすることで、ファンになっちゃうんでしょうね、きっと。
私もファンになっちゃいそうです。


A.Run オフィシャルWebサイト
http://a-run.asia/

SHOWBOX 5月のスケジュール






新大久保の年下王子と結婚しました―韓国男子と9歳年上アラフォーが、いろんな壁を乗り越え逆転婚!
by カエレバ
食べて、笑って、恋をして。 新大久保 コリアンタウン in Tokyo (マーブルブックス)
by カエレバ
コウケンテツのキムチ料理 (レタスクラブの本)
by カエレバ