諸橋近代美術館こと”ダリ美術館”



昨日、ずっと行ってみたいと思っていたダリ美術館に行ってきました。


天気もよく、館長ブログによると1000名近くの入場があったそうです。

この美術館は、スポーツ用品・用具、紳士、婦人、子供服の販売を手掛けるゼビオ株式会社創業者、諸橋廷蔵氏が1999年にコレクションを寄贈する形でスタートしています。

諸橋氏は、2003年に事故によりなくなっておられますが、館内にある美術館開館にいたるまでの解説を読むと、氏の情熱が感じられます。


たとえば、偶然にもダリの彫刻37点をフランスの美術館から一括購入できたことが、ダリ美術館を開館するきっかけとなったエピソードなど、当時の興奮が伝わってくるようです。

ダリの常設美術館としては、ダリ劇場美術館(スペイン・フィゲラス)、ダリ美術館(アメリカ・フロリダ)に次いで世界でも3館目として開館していて、彫刻のほか、名作とされる作品も充実しています。

私が見入ったのはこの肖像画です。

ジャック・ウォーナー夫人の肖像
これ、写真で見ると平板なのですが、実物はとっても美しいのです。
特に夫人が身に着けているエメラルドとおぼしきアクセサリー類が立体的で、すばらしい色彩です。

砂漠のなかにところどころポイントとなる場所があるのですが、これも微細ながら美しい筆さばきなのです。

全体に丁寧な仕上がりで、以前ピカソの描いた写実的な肖像画を観たときにも感じた、天才とは細部まできれいな仕事をする人だ、と同じ印象です。



彫刻もすばらしいので、ぜひ1点1点、上から下、360度のぞきこんでください。

風光明媚な場所に建つ美術館なので、建物の周囲を散策することも楽しみのひとつです。











ふきのとうがたくさん生えていて、しかも花を開いて大きく育っていました。
まだ雪の残る磐梯高原では、急に成長するため、ふきのとうの茎が柔らかいため、30センチほどに成長した茎を食べるのだそうです。

知らなかった~。

冬季は休館していますが、秋まで開館していますので、ぜひいらしてください。


諸橋近代美術館
http://dali.jp/collection/dali/works/index.html






ダリ全画集 (タッシェン・ミディアートシリーズ)
by カエレバ
ダリ―シュルレアリスムを超えて (「知の再発見」双書)
by カエレバ
ダリ・私の50の秘伝―画家を志す者よ、ただ絵を描きたまえ!
by カエレバ