【東野 圭吾】 「禁断の魔術」




禁断の魔術」読了。

ガリレオシリーズの最新作にあたるのかしら?
まだ映像化されていないと思います。

ガリレオシリーズは、科学を悪用する人々に対して、ガリレオこと湯川学が、科学的に解析して謎を解明する、というミステリーですが、湯川学の人間的な面もストーリーに深みを与えています。

湯川学の人間性、苦悩などが、ストーリーに大きく影響を与えるようになったのは、「容疑者Xの献身」あたりからでしょうか。

本作も、湯川自身が深くかかわった人物による犯罪を描いています。


禁断の魔術 (文春文庫)
by カエレバ


が、そのあたりは、水戸黄門よろしく、本書の冒頭でわかっちゃいます。

読者にとっての謎は、いったいどんな装置なのか、という点に集中するため、それが知りたくて後半は読み進めるという感じでしょうか。

映画にはなりませんが、ドラマとしてはなんとか1時間持たせられるでしょう。



禁断の魔術 (文春文庫)

東野 圭吾 文藝春秋 2015-06-10
売り上げランキング : 20
by ヨメレバ
容疑者Xの献身 (文春文庫)

東野 圭吾 文藝春秋 2008-08-05
売り上げランキング : 3245
by ヨメレバ
白夜行 (集英社文庫)

東野 圭吾 集英社 2002-05-25
売り上げランキング : 1891
by ヨメレバ