大手町 将門の首塚

6月30日は、夏越の祓(なごしのはらえ)ということで、友人たちは茅の輪くぐりに出かけたようです。

久しぶりに会った友人も神田明神に出かけたそうですが、別れ際に「時間がないなら、首塚にお参りしたらどうですか」と言われて、行ってまいりました。

実は、首塚にお参りするのは初めてです。近くまではよく行くのですが、なんとなく怖いような感じがして、足が向きませんでした。


工事中の三井物産の敷地にひっそりと佇む首塚には、観光客と思しき方がいたり、近くにお勤めと思われる方々が、ひっきりなしにいらっしゃいました。
ずっとお祈りしているのが申し訳ないくらいです。


正面に立ち、今日会った友人の幸せを祈り、最近お仕事が一緒の皆さんの幸せも、一人一人念じていると、珍しいシオカラトンボ(だと思ったら、コシアキトンボらしい)がサーッと飛んで来ました。

私が見たのはこれだと思います。
コシアキトンボというらしいです。
cozy's cozy roomさんのお写真です。
よく見ると、空中に固まって飛んでいる小さな虫を捕食しているようです。
虫たちの下から、狙いすまして一気に上昇、急降下して虫を捕まえていました。

トンボは、何度も、急上昇しては急降下を繰り返します。
その度に、確実に虫を捕まえているようです。

これも何かの暗示かもしれません。

ちなみに、友人が首塚を勧めたのは、神田明神が将門の首塚をお祀りしているためでした。

パワースポットとしても有名です。
私もパワーをいただいたような気がします。



平将門 首塚の謎―GOD KAZUKIが伝える“本当の歴史”〈2〉 (GOD KAZUKIが伝える“本当の歴史” (2))
by カエレバ
怨霊とは何か - 菅原道真・平将門・崇徳院 (中公新書)
by カエレバ
日本人 祝いと祀りのしきたり (青春新書インテリジェンス)
by カエレバ