20年ぶりの沖縄はバブルのにおいがプンプンするのでした


20年ぶりに沖縄へ行って来ました。

到着は土砂降りの雨にむかえられましたが、空港に降り立つやかなりの発展ぶりに驚きました。

現在の空港は、米軍基地の跡地だそうで、かつてのこじんまりした、いかにも地方空港然としていた空港とは、全く違うものです。

今の那覇空港は、その規模も大きく、降り立つと有名ブランド店が立ち並び、しかも免税店。買い物がしたい中国や台湾からの観光客を意識した空港です。

そして、タクシーに乗って驚いたのは、物流基地の多さでした。空港周辺には、貨物の集積地が林立し、いたるところに看板が掲げられています。

タクシーの運転手さんによると、かつての80倍に増えているのだとか。
だから、あんなにたくさんあるのね、と納得でした。

夕食は、新都心の居酒屋で。

天井の桶がおもしろい


日本中から新鮮な魚介類を集めて料理しているのがウリです。
店内は活気があり、予約の取れないお店です。

この新都心という場所も、米軍のいわゆる官舎が建っていた場所で、端から端まで歩くと1時間弱はかかる高台です。

今では商業集積が盛んで、おまけに高層マンションが何棟も建っている高級住宅街になっています。

もっともマンション購入者の多くは「本土の方々」だそうで、投資目的や引退後の終のすみかに、という購入者が多いと聞きました。

そんな場所なので、日本中から食材を集める理由となっているのかもしれません。

宿泊は、昨年7月にオープンしたハイアットリージェンシー那覇で。
調べたら、ゴールドハイアットのポイントで予約できたので、ここにしました。

サンゴ礁をモチーフにしたと思われるオブジェ


沖縄では、ホテルの宿泊料が高騰しています。特にビジネスホテル系のホテル料金が2倍になっていると聞きました。

ラグジュアリーホテルはあまり値上がりしていませんが、ホテル内で出会った客の半分は、韓国や台湾の富裕層とおぼしき方々でした。


那覇空港では海側に5000メートル級の滑走路を建設中とか。
空港はもっと便利になったら、羽田空港よりよくなるかもしれません。

13時に羽田を立ち、翌日の13時に羽田に戻ってくるというショートトリップでしたが、やはり普段行かない場所に行くのは良いものです。

何かしら、新しい発見があります。




沖縄ルール―リアル沖縄人になるための49のルール
by カエレバ
ペンギン食堂 石垣島ラー油
by カエレバ
石垣島ラー油と、おいしいペンギンごはん
by カエレバ