日本酒 「三井の寿 (みいのことぶき) +14 大辛口純米吟醸 山田錦」を飲んだらスラムダンクと出会いました



先日、日本酒バルというところに行きました。
月ごとのおすすめ日本酒、というのがありまして、そのなかに、ちょっと気になる名前があったので、オーダーしてみました。

それが、コレ↓

三井の寿
「みいのことぶき」と読みます

この名前をみて、最初に思ったのは「三井系」の人が、好んでオーダーしそう・・・、ということ。

まったく失礼な印象でした。
この「三井の寿」は、井上合名会社 三井の寿酒造 という歴史のある酒蔵のもの。

「三井の寿」の解説としては、いろいろググってみましたが、こちらが良さそうです。

試験醸造で+14の大辛口の純米吟醸を山田錦でかもす意欲作。山田錦を9号酵母で仕込み、とかく大辛口のお酒にかもすとどうしても旨みを殺してしまい淡白なお酒になりがちこのお酒のきもは辛口でありながらお米の旨みを残した純米吟醸です。タンク一本分の1.8L1,500本のみの限定のお酒です。
●原料米:山田錦
●日本酒度:+14
●度数:14度


この解説のとおり、すっきりと飲みやすい、日本酒が苦手な人でも楽しめるような印象です。

しかも、この「三井の寿」は、裏なのかな? もう一枚のラベルがあります。

もうお気づきですね。

スラムダンク」です。
14度という辛口をあらわすのに、インパクトがあるものはないか、と考えてこのラベルを付けたんだとおもいます。

店員さんから「写真を撮るならこちらも撮ってください」といわれたくらい、日本酒の世界では有名みたいです。

きっと、酒蔵さんも、いつかこのネタを使いたい、と思っていたのでしょう。

三井の寿
スラムダンクのファンにはたまらないですよね

The Spirit Collection of Inoue Takehiko SLAM DUNK Vol.5 三井 寿
by カエレバ



興味が深まったので、さらに、三井の寿酒造について調べてみると、おもしろい記事に出会いました。

三井の寿酒造の井上宰継さんのインタビュー記事です。
若旦那さんみたいです。

このかたの経歴が簡単に紹介されていますが、中学までは地元で育ちますが、高校から実家を離れ、外資系企業で働いていたそうです。
このインタビューは、作り手の考え方を知ることのできる貴重なものですので、ご一読ください。

http://www.1e-sake.com/story-kuramoto/post-76.php


どんどん興味がわいてきたので、三井の寿酒造のほかの酒を調べてみたら、若い日本人や、外国人に売ることを考えている酒蔵のようです。

http://sakenoyamamoto.main.jp/miinokotobuki.html

ポルチーニとかチカーラとか、イタリア語のラベルがならびます。

インタビューではモータースポーツが好き、と語っておられたので、車もイタリア車が好きなんでしょうね。

若々しくて楽しそうな酒蔵さんなので、今度はチカーラ(せみ)を購入して飲んでみたいと思います。
夏に合いそうな日本酒です。



三井の寿 (みいのことぶき) +14 大辛口純米吟醸 山田錦 1.8L
by カエレバ


<関連記事>

49蔵元参加「ふくしま酒蔵巡りスタンプラリー」開催中

IWC日本酒部門世界一に!ほまれ酒造

SAKEシンポジウムin 神戸 ~日本酒の海外展開をめざして~