自民党オープンエントリーで伊藤洋介さんが公認候補になりました!




先月、ご紹介した自民党のオープンエントリーで、応援していた伊藤 洋介さんが、最多得票で参院選の公認候補となりました。


伊藤さんの公約は、とてもユニークです。

  • 地方へのライブ誘致補助金制度化
  • 規制緩和し日本をエンタメ大国に
  • 日本人アーティスト世界進出支援

規制が多くて、日本ではライブができないという外国人アーティストが多い、というのもうなづけます。

これは、日本にとって、あまり良いことではありませんし、都道府県によって、規制の内容が異なる、というのも、迷惑極まりないかんじです。

伊藤さんの活動に期待しております。エンタメの規制改革いたしましょう。


伊藤洋介さんの公式サイト



さてさて、自民党のオープンエントリーです。
今回のオープンエントリーは、昨年11月にスタートしておりました。

「インターネットを活用した新たな公募システム」での、今回の試みは、将来のネット選挙、ネット投票を思わせるものでした。

はじめてだからだとおもいますが、大規模に広報するわけではなかったようです。
何があるかわかりませんからね、わたしが運営者だとしても、広報活動はしないで、うちうちで進めたと思います。

そういうことなので、有効投票数は27,952票でした。
少ないです。

環境を考えれば、立派な数字だと思います。


実際に、国としてネット投票を実現させることになれば、マイナンバーとかがしゃしゃり出てきて、めんどくさいことになると思います。

今回のオープンエントリーでは、システム的な対応だけで済んだので、ネット投票の手軽さが実感できました。

国政選挙のネット投票が、どんな具合になるのか、その骨組みとか、知りたいな。


マイナス金利で、これからいろいろありそうな雲行きなので、自民党の動向は気になります。




<関連記事>




マイナス金利「税」で凍りつく日本経済
by カエレバ


大暴れするトランプとアメリカの真実
by カエレバ