初体験!ジュエリーを買い取ってもらってわかったこと




20代・30代のときに購入したジュエリー類を売却しました。
ほとんどつけなくなったというのも理由ですが、断捨離したくなったので、初めてジュエリーを売ってみたのです。

ジュエリーの買取をしてくれるところをいくつかネットで調べまして、メールとLINEで写真を送って査定してもらいました。

査定してもらったのは、カルティエのリング、ソリテール Cドゥカルティエです。
ダイヤモンド0.3カラット程度のものが1石、18金のものです。



合計4社に見積もりを取りましたが、どこも3万から4万円でした。


ブランド買取の専門店だけが美品なら7万円と査定してくれましたが、なんせ20年以上前に購入したものなので美品とはいえず、実物の査定では半額程度かなと感じました。

結局、査定してもらった4社のうち、金の買取価格が一番高かったところに行ってきました。

持って行ったものは次のとおりです。

カルティエのリング(写真のもの)
メレダイヤと貴石の18金デザインリング
0.2カラットダイヤ1石の18金リング×2
0.6カラット(センター)ダイヤと4石のマーキスカットイエローダイヤのネックレス
アールデコ時代のアンティークダイヤリング
18金チェーンネックレス
14金チェーンネックレス
プラチナチェーンネックレス
シルバーリング
シルバーネックレス
シルバーブローチ
等々。

購入時の金額で約200万円超のものが、185500円になりました。

評価が高かったのは、地金のボリュームがあるリング2本と、センターが0.6カラットダイヤのネックレスでした。
ちなみにカルティエのリングは4万円でした。

結局は、金の重さと、ダイヤは大きさのようです。

20年以上前のジュエリーなので、ゴールド価格が安い時代のものではありますが、当時はバブル景気の影響をもろに受けているので、実際よりも高く買わされています。

また、ゴールドについては刻印がないものは査定価格がよくありません。
18金とか刻印があれば問題ないのですが、古いものだとそういう刻印がないので、買取価格が安くなります。

アールデコのダイヤリングは、刻印がなかったので数千円でした。買った時は50万円くらいしましたが・・・。


今回ジュエリーを売ってみてわかったことは、

  • ゴールドは重さで査定されるので重量がある方が有利。最近流行りの、細くて華奢な指輪は数千円にしかなりません。
  • ダイヤモンドの場合、大きさが重視されるので大きい方が有利。最低でも0.5カラット以上で、グレードが高いものは高く買い取ってもらえそうです。特に色のグレードが重要だと感じました。
  • 一度にまとめて売った方が有利になるみたい。

という3点です。


ジュエリーを売ってみて、買った時の値段のせいぜい1割くらいにしかならないとわかりました。

買った時の価格を知っているだけにがっかりはしますが、考え方を変えれば、そんなにがっかりすることもないと思います。

ジュエリーの良いところは、毎日つけられることです。
指輪なら365日、毎日つけられます。

この指輪を100万円で購入したとして、10年間毎日つけたとしましょう。
1日当たりのコストは300円以下になります。

毎日300円以下のコストで指輪を楽しんだと思えば、100万円の投資も仕方がないと思えませんか。

たとえば、女性はネイルに毎月1万円かけている方もいます。
ネイルは1ヵ月も持てば良い方なので、30日間で1万円を消費していることになります。
つまり1日300円以上のコストが発生していて、ネイルの場合は消えてなくなります。

ジュエリーの場合、消えてなくならず、最後は買い取ってもらって、いくらかのお小遣いになります。
「持ち歩ける財産=動産」だからです。

売る前は、とんでもなく安かったらどうしよう、とか思っていました(実際、大した金額にはなりません・・・)が、いざ査定を受けて買取金額が決まると、かえってさっぱりしました。



<関連記事>

ブランディアだけじゃない中古市場。でも買取時の本人確認にはご注意を!



高価買取の[おたからや]

ブランド楽市は高価買取

【秘密厳守】婚約・結婚指輪も今は「売る」が当たり前

ブランド・ジュエリー専門〜BRAND ECO〜