創業300年を超える蔵元の酒が楽しめる、しゃぶしゃぶ「悠久乃蔵」





先日、ある勉強会の懇親会で、創業300年を超える蔵元の酒が楽しめるという豚しゃぶしゃぶのお店「悠久乃蔵」に行ってまいりました。

はじまりは、スパークリングの日本酒です。
シャルドネ仕立てで、アルコール8%。
ぶどうのフレッシュで芳醇な香りがすばらしいスパークリングです。




前菜、お刺身などが登場して、メインの日本酒しゃぶしゃぶです。
この日は「久寿玉」というお酒が、どぼどぼと土鍋に投入されます。



日本酒はアルコール分を飛ばさないといけないので、しばらく待っていると、気化したアルコールに火がついて、まさかのフランベ状態。

火があがります、とは聞いていましたが、結構な時間、高く炎が上がっていました。



しゃぶしゃぶの野菜は、豚肉と一緒に食べやすいよういという配慮から白菜など細切り、にんじんはピーラーで薄く削いでいました。
これは家庭でも真似したいテクニック。


この「悠久乃蔵」は、300年以上脈々と続く日本酒の蔵元があつまり、「日本酒=日本文化」として、日本酒を理解して、蔵元を応援しちただきたいというお店です。





以前、このブログで紹介した「ほまれ酒造」の唐橋裕幸社長もおっしゃっていましたが、日本酒は日本の風土と水によって磨き上げられた、まさに日本の文化なのですが、その経営は岐路に立っています。

米の作り手(農業)と酒米の確保、施設の更新費用(かるく1億円くらいかかる)というなか、中小の蔵元経営は四苦八苦ということのようです。


そのような事情もあり、こちらでは「悠久乃蔵会」という会員制度があります。

ワイナリーを継続してもらうためにワイナリーのファンが寄付するというものを日本酒に導入したもので、年会費3000円を支払います。




会員になると、土日はしゃぶしゃぶ食べ放題という特典もついているので、とってもお得。




しゃぶしゃぶ以外にも、カフェやスイーツのお店があり、日本酒の奥深い味と歴史を感じることができます。

銀座にいらっしゃったらぜひお試しください。





悠久乃蔵
http://yukyunokura.jp/





<関連の投稿>

日経産業新聞「風向計」に会津ほまれ酒造 唐橋裕幸社長にご登場いただきました

日本酒 「三井の寿 (みいのことぶき) +14 大辛口純米吟醸 山田錦」を飲んだらスラムダンクと出会いました