映画 「デスノート Light up the NEW world」




映画「デスノート Light up the NEW world」観てきました!!




公開前日には、10年前の2作を編集しなおしたドラマも放映されてましたね。
もちろん予習しました、わたくし。

最新作のサブタイトルの「Light up」とは、火をつける、という意味。
観終わって、ここから続編を作っていくぞ、という制作陣の意気込みみたいなものを感じました。



キラの遺伝子


本作のテーマになっているのが、10年前のキラこと夜神 月(らいと)の遺伝子。

これには2つの意味があり、ひとつは物理的な遺伝子のことで、実は月には子どもがいた、という設定と、もう一つはキラの意思を継ぐ者、という意味がありました。

家族を殺した犯人をキラが殺したことで救われたサイバーテロリストの紫苑は、キラの後継者となるべく6冊のデスノートを手にしようと画策。
弥 海砂にも近づき、協力を求めます。


捜査にかかわる人々の裏側


今回の作品のなかで気になったのがL(エル)の後継者・竜崎でした。
前3作で圧倒的な存在感だったLの後釜なので、どんなキャラクターなのか、とっても楽しみでした。良かったです。

10年前の経験から、捜査にかかわる人々は、本名を隠し、経歴を隠し、家族も持たない人々。
それゆえに、そこには秘密もあるわけで・・・。

竜崎はすでにデスノートを持っていて、毎日所有権を放棄して捜査に向うという日々。

本作の主役でもある刑事・三島 創(つくる)は、1年まえ、夜神 月の子どもとその庇護者の死に立ち会うのですが、デスノートの所有権を放棄することで、その記憶を失ってしまうのです。


弥 海砂の愛


前回アイドルだったミサミサは、今回は女優として活躍しています。

夜神 月をいまだに愛する女性として描かれていて、死神の眼で月の映像を見て、すでに存在していないことを知りながらも、紫苑に協力。

「夜神 月の腕に抱かれて」死ぬシーンには涙してしまいました。
このシーンはもう一度観たい。


キラの後継者がLの後継者に


デスノート事件オタクでもある三島 創は、キラの遺伝子(意思)を継ぐものとしてデスノートを使い、サイバーテロリスト紫苑が巻き起こす事件をお膳立てします。

このあたりは、夜神 月が、デスノートを所有したり放棄したりして自らのストーリーを作り上げていく前作を観ていれば、うんうんなるほど、というところ。

しかし、今回はさらに観客を裏切る仕掛けがあり、それが、キラの後継者だった三島 創が、Lの後継者として復活することなのです。

続編が観たい!すごく!!と思わせるエンディングでした。


観客は10代から30代中心


いつも通り品川で観ましたが、公開初日の2回目で6~7割が埋まっていました。
これだけ埋まるのはかなりの人気作ならでは。

観客は10代から30代中心で、女子ふたりがなぜか多かったです。

やはりイケメン20代俳優が出演しているからでしょうか。

三島と紫苑が対峙する場面では朝ドラ「ごちそうさん」の親子対面!
とわたしは興奮しましたが、観客の多くは朝ドラは観てなさそうでした。

ちなみに朝ドラ「ごちそうさん」はただいまBSプレミアムで再放送中なので、東出 昌大ファン、菅田 将暉ファンは要チェックです。

映画の公式サイトは、リュークが案内してくれるゲーム仕立てで、若者人気をかなり意識していると感じました。
デスノート争奪戦もやってたみたいです。もう終わってますが。


「デスノート Light up the NEW world」公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote2016/


続編に期待大の「デスノート Light up the NEW world」は、もう一度観たい映画でした。



DEATH NOTE デスノート
by カエレバ


DEATH NOTE デスノート the Last name
by カエレバ


映画ノベライズ DEATH NOTE Light up the NEW world (JUMP j BOOKS)
by カエレバ