【J.K.ローリング,ジョン・ティファニー,ジャック・ソーン】 「ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版」




映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のおかげで、ハリー・ポッターシリーズふたたび、という感じですが、本当の本当にシリーズ最後の作品となったのが、「ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版」です。




【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)

J.K.ローリング,ジョン・ティファニー,ジャック・ソーン 静山社 2016-11-11
売り上げランキング : 5
by ヨメレバ



ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版」は、ロンドンで上演されたハリー・ポッターシリーズの19年後の物語。

映画「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2」のラストシーンを覚えていますか?


ハリーとジニーの子どもたちがホグワーツ魔法学校にむかう駅のホームで、次男のアルバス・セブルスが不安な気持ちを父・ハリーに語り、ハリーがこれを励ます、というシーンです。

つまり19年後とはこの時点を指していて、ここから物語は始まります。


有名な父を持つ子どもの苦悩


いつの時代にもある不変のテーマのひとつである、著名な両親の子どもに生まれた苦悩。
これが本書のテーマのひとつです。

兄のジェームスは、父の存在を気にしていないのか、それとも上手に利用しているのか、冒頭に登場するくらいで、ほぼアルバスとハリーの親子の感情のすれ違いを軸にして物語は進みます。

アルバスは組みわけではスリザリンになり、ドラコ・マルフォイの息子・スコーピウスと親友になります。

ドラコの息子は、ヴォルデモートの子どもと噂されながら育ってきており、父・ドラコはそんな息子を不憫に思うあまりにハリーと衝突してしまうのです。


父の過去を修復する冒険


ハリーの気持ちがわからないままに殻に閉じこもるアルバスの前に、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のときにハリーの代わりに死んでしまったセドリック・ディゴリーの父とその介護をする従姉妹デルフィーニ(デルフィ)が登場します。


ハリー・ポッターと炎のゴブレット [DVD]
by カエレバ


セドリックは、ハリーと一緒に炎のゴブレットに触れ、ヴォルデモートのもとにハリーとともに運ばれてしまいます。炎のゴブレットがポートキーだったのです。

そのセドリックを生き返らせようとアルバスは決意するのです。

さて、どうやって?

そんななか、逆転時計(タイムターナー)が発見され、魔法大臣のハーマイオニー・グレンジャーのもとに隠されていることを知ったアルバスとスコーピウスは、これを盗み出してしまうのです。

逆転時計(タイムターナー)は、ハーマイオニーが授業をたくさん受けるために使っていた小道具。
シリーズの物語から、少しずつエッセンスが取り入れられているのが、「ハリー・ポッターと呪いの子 」の特徴です。


ハリーポッター ハーマイオニーグレンジャー タイムターナー レプリカ ペンダント ネックレス (ワンタッチ ラバーチョーカー & 丸かん) コスチューム用小物 ブラック 45cm
by カエレバ

セドリックは生き返り死喰い人になった!


現代に戻ってみると、セドリックは死喰い人になり、ヴォルデモート一派が隆盛を極めていました。
ハリーがヴォルデモートに負けてしまい、死んでいるという世界をつくり出してしまいます。

アルバスは当然のことながら存在せず、スコーピウスは親友を失ってしまいます。

スコーピウスはスネイプの力を借りてふたたび修復を行い、アルバスを取り戻しますが、それでも元通りには戻りません。

つまり、過去を修復したと思っても、歴史が変わってしまい、現代に戻るとこれまでとは異なる現実になってしまっていた、という時間旅行ものではお約束が、物語をダイナミックに動かしていくのです。


アルバスとスコーピウスは呪いの子の魔の手に落ちて・・・


時間を何度も戻し、修復を続けるうちに、アルバスとスコーピウスは、呪いの子・デルフィの魔の手に落ちてしまいます。

セドリックの従姉妹だと思っていたデルフィは、実はヴォルデモートの子どもだったのです。
つまり、すべてはこのデルフィのたくらみでした。

子どもたちが逆転時計(タイムターナー)を使っていることを知ったハリー、ロン、ハーマイオニーとドラコはふたりを見つけ出そうとします。
しかし決め手はなく、手づまりな状態に。

そんなとき、ハリーがくるまれていた毛布にメッセージを発見するハリーとジニー。
そこには、過去に戻ってしまっていたアルバスとスコーピウスからのメッセージがあったのです。

最後はハリーたちの活躍で、アルバスとスコーピウスは取り戻され、すっかり元に戻ります。
そして、ハリーが経験したような冒険をみずからも体験したアルバスは、父の気持ちを理解することができるのです。

シリーズのメインテーマである「仲間と友情」こそが、本作のテーマでもあるのです。


シリーズ全巻を再読したくなる


ダンブルドア、スネイプ、マクゴナガル、ハグリッドなど、メインキャラクターが登場し、過去の作品を知っている読者こそが醍醐味を味わえる本作。

暴れ柳やマートルなど、物語のなかで重要なアイテムであったり人物が出てくるので、おさらいのような中身となっています。

映画を見直すのも良いですが、ここは小説を読み返したいところです。


ハリー・ポッターと賢者の石 〈イラスト版〉 (ハリー・ポッターシリーズ)

J.K.ローリング 静山社 2015-11-12
売り上げランキング : 14355
by ヨメレバ