【吉方位旅行】送迎バスでお得♪な温泉♨ スパリゾートハワイアンズ




今月の吉方位旅行では、「スパリゾートハワイアンズ」に行ってきました。

以前から、首都圏からは送迎バスが出ていると知ってはいましたので、一度試してみようと思ったのが理由ですが、4月に同じ方角でいわき湯本温泉に行ったときに、交通費がバカにならないという経験をしたことがきっかけです。



開業から52年!老舗の温泉リゾートホテル

スパリゾートハワイアンズは、昭和40年開業の老舗の温泉リゾートホテル。
映画「フラガール」でも有名になりましたが、以前は石炭を掘っていた炭鉱会社が転身して、現在のスパリゾートハワイアンズになっています。

フラガール スタンダード・エディション [ 松雪泰子 ]
by カエレバ

なんと、一部上場企業です。
1日に約1億円を売り上げています。すごいです。


便利な送迎サービスでお得!

その原動力になっているのが、首都圏からの送迎サービス。
高速バスで往復すると6000円以上かかる場所で、元は炭鉱という場所柄、不便な場所です。
宿泊限定のこの送迎サービスは、ハワイアンズ公式サイトからしか予約できませんから、ご注意を!

平日だとおもって油断していましたが、送迎バスは8割ぐらい埋まっていました。
帰りは少し空いていましたが、それでも7割くらいは埋まっている状態です。

しかも、1台や2台ではありません。
わたしが確認しただけで7台の送迎バスが首都圏からやってきていました。
1台に30人として200人以上!
たぶん、もっとお客さんはいたと思います。

フロントはチェックインで長蛇の列。
リピーターも多くて、まだオフシーズンともいえる6月の平日でも、大変な混みようなのです。

おまけに交通費がかかっていないので、施設内でお財布を開きやすい心理が働きます。

温泉に付帯したマッサージサービスは、混んでいて予約がすぐには取れないほどでした。ただ、空いているマッサージ施設もあるので、探してみればすぐに施術を受けられます。

マッサージなどには割引チケットもついているので、さらにお得な感じがします。


ハワイアンズといえばフラガール&ファイヤーダンス

ダンスショーは昼夜2回公演。
事前に予約すると最前列で見ることができます。
美男美女が、見事なポリネシアンダンスを披露してくれます。

合間には、ココ姉さんと呼ばれているマスコットも登場して、子どもたちと一緒にダンスも!まるでNHKの「おかあさんといっしょ」公開録画みたいな感じです。






終わると、プレミア席・SS席のお客さまとダンサーたちが記念撮影してくれます。

公演は1時間弱とたっぷりなうえに、休む暇なく着替えて登場するフラガールの皆さんに脱帽です。


温泉は自社源泉の硫黄泉

いわき湯本温泉と同じ泉質の硫黄泉です。
自社で掘削した源泉は、50度以上という高温のため、加水して入りやすい温度にしています。
大浴場がいくつもあるほか、露天風呂も和洋とそろっているので、1日ですべてのお風呂に入ることは無理かもしれません。

今回はいった露天風呂は「与市」というところ。
江戸時代に銭湯をはじめた与市さんという人の名前が由来です。




広大な露天風呂は、純和風。
大きな納屋か蔵のようなおもむきです。
夜10時には踊る影絵が見られますが、わたしは眠くて今回はパスしました。



ハワイアンズの原点でもあるプールも温泉です。

今でもスライダーが2本あるわけですが、7月21日には、高低差40.5メートル、全長283メートルのボディスライダー「ビッグアロハ」がオープンします。
10階建てのビルから地上に降りるような高低差なので、話題になること間違いなし!でしょう。

わたしには無理ですけど。


翌日はいわき市内の観光へGO!

ハワイアンズからは、午後3時に出発する送迎バスまで、市内観光ができるプランがいくつもあります。


前回、水族館の「アクアマリンふくしま」までタクシーで5000円もかかったので、今回は超お安い乗り合いタクシーを利用しました。

片道800円で、「アクアマリンふくしま」や隣接する「いわき・ら・ら・ミュウ」まで乗ることができます。

今回は「いわき・ら・ら・ミュウ」まで行ってみました。

いわき・ら・ら・ミュウ

鮮魚店が軒を並べます
バーベキューエリアもあります

海産物の市場と飲食店が入った複合施設ですが、小名浜港クルーズの発着場にもなっています。

いわき訛りの解説がおもしろい

湾内から外洋に出ます

小名浜港最大のキリン

これで4万トン級

小名浜の海は、東日本大震災で70センチも沈下してしまったそうです。
大型の貨物船(17万トン級)が停泊できるような桟橋を、現在は建設中で、その長さは400メートル近くになるそうです。

貨物船の積み荷は石炭。
火力発電のために、震災後は石炭が輸入されています。
4万トン級の貨物船に積み込まれた石炭を船から運び出すのに1週間かかるそうです。

炭鉱は、50年も前に温泉リゾートに転身したというのに、かたや小名浜港では石炭を大量に輸入しているという皮肉な現実に触れました。


メヒカリの握りが珍しくて絶品!

メヒカリは甘みが強くてすごくおいしい!
お代わりしちゃいました

いわきを代表する深海魚・メヒカリは、春ごろから店頭に出回ります。
普通は焼いたり、唐揚げにしたりしますが、生でお寿司でいただきました。
地元でも珍しいらしいです。
帰りの乗り合いタクシーで「それは幸運でしたね~」といわれてしまいました。

生サバも絶品

大好きなトリ貝

おいしいお魚が「いわき・ら・ら・ミュウ」にはそろっていました。


仕事運・金運アップの七赤金星

さて、今月の祐気取りは、北東の七赤金星でした。
その象意は次の通りです。

北東を吉方でとると

  • 貯蓄ができる
  • 改善、改革をすることができる
  • 良い友人が得られる
  • 相続の運に恵まれる
  • 不動産を得ることができる
  • 人を集めることができる
  • 物事が都合良く運ぶようになる

とあります。
ここまでは4月と一緒なのですが、4月は九紫火星が北東にいました。
今月は七赤金星なので、効果のほうが少し違います。

北東の七赤を吉方でとると

  • 強欲から解放され、人生観が大きく変わる。
  • 金銭感覚が正常になり、無駄遣いをしなくなる。
  • お金が増えていき上手に活用すると大富豪になる。
  • 役職後任引き継ぎや相続問題が円滑に進む。
  • 会社でのコミュニケーションが良好になり、一体感が生まれる。
  • 家庭での意思疎通が円滑となり、家族との結びつきが深くなる。
  • 子供の誕生・孫の誕生など家庭内のことで慶び事が生じ、幸せな気分に浸ることができる。
  • 親戚・友人の資金援助で成功する。
  • 親戚・知人が良い縁談を世話してくれる。
  • 良い友人達と楽しく付き合うことができる。
  • 精神的な助けを与えてくれる友人に出会うことができる。
  • 資金繰りがうまくいき、家を持つことができる。
  • 恋人のことを家族が認めてくれるようになる。
  • 腎機能障害が改善する。


おー、すごい。
金銭感覚まで変わって、仕事運も良くなりそうです。
なにより、多方面から援助を得られるらしい。

七赤金星は仕事運や金運に関する象意のある星です。
七赤金星の方位で祐気取りをすると、その後、必ず仕事が決まります。
あくまでも、わたし個人の体験ですが・・・。

先月は西の七赤金星で祐気取りしました。
その後、契約が2件決まりました。
自分でも驚くくらい、すごい効果があるのです。

来月も七赤金星が吉方位にいるので、仕事運アップ目指して祐気取りします。


<関連の投稿>
【吉方位旅行】信玄の隠し湯♨と金運アップの金櫻神社♪
【吉方位旅行】おすすめの温泉3選(^^♪
【吉方位旅行】いわき湯本温泉♨と国宝と貝の浜焼き!